滋賀県・信楽町から自然栽培で安心な野菜をお届けする農業法人マックスファーム

マックスファーム農法について

立命館大学総合理工学研究機構との
産学連携事業を展開

マックスファーム農法は、株式会社ホワイトマックスが長年に渡り、企画、提案してまいりました「食の安全」を、立命館大学総合理工学研究機構との産学連携事業として、プロデュースされたものです。

滋賀県は甲賀市信楽地区の風光明美な地に、耕作地を確保し、当社が、誇ります「エンバランス」の技術を使って、作物が自然の状態と同じように育つ工夫を行っており、皆様に化学肥料を一切使用しない、更に無農薬と言った農作物をお作りしお届けいたします。
初年度は、皆様により身近に、「マックスファーム」を感じていただくために、「自然薯栽培」と「安納芋栽培」を行うように作付けを致しました。

メンバー写真


エンバランスとは

必須ミネラルを含んだ水を、容器などの素材であるポリプロピレン、衣類の素材であるポリエステルなどと、水熱化学の理論を用いて反応させる加工技術「エンバランス加工」を用いて製造した独自のパイプを利用して、栽培を行っています。

エンバランス加工したパイプ

  • 法人案内
  • 社長の挨拶
  • 法人概要・役員
  • 事業案内
  • マックスファーム農法について
  • 自然薯栽培
  • 安納芋栽培
  • 観光農園(自然薯掘り)
  • その他
  • ニュース
  • その他
  • ニュース
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • リンク
  • 株式会社ホワイトマックス
  • エンバランスオンラインショップ
  • 一般財団法人ホワイトネット未来号
  • 立命館大学
  • 明日の農と食を考える研究会
  • EM生活
  • イーエムジャパン
  • 枚方環境ネットワーク会議
  • NPO法人「よみがえれ!かんきょう」
  • 滋賀県
  • 信楽町観光協会

ページの先頭へ戻る